ペン字の美しさは一筆一筆に宿る。独学での上達の鍵を手に入れよう!

2023年8月17日 (木)

ペン字の世界は深く、その美しさに引き込まれる人は多い。しかし、教室に通わず独学で学びたいという方も少なくない。この記事では、そんな独学者向けのペン字の練習方法とアドバイスを詳しく紹介します。

 

1. 筆記具の選び方:最初の一歩

独学でペン字を始めるには、まず適切な筆記具を選ぶことが大切です。

万年筆、ブラシペン、筆など、多くの種類がありますが、初心者はブラシペンから始めるのがおすすめです。その理由として、筆圧のコントロールがしやすく、持ち運びも便利だからです。また、品質と価格のバランスが取れた筆記具を選ぶことで、長く使い続けることが可能です。

2. 基本の文字練習:毎日のルーティンを

ペン字の上達には、毎日の練習が欠かせません。

まずは、平仮名、片仮名、アルファベットなどの基本的な文字を練習しましょう。独学の場合、正しい筆順や形を参考にするための教材が重要です。ペン字の花道を有効利用してみたり、字を書く機会を増やしたりして毎日のペン字学習を習慣化させていきましょう。

実際に字を書く機会を増やしてみる方法

字を書く機会を増やしながら新しい趣味としても楽しめるサービスとして、おすすめなのが「文通村」。
住所氏名を使わないで実際の文通をすることができる匿名文通サービスです。最近では日テレ『DayDay.』やNHK『あさイチ!』などでも紹介されている文通コミュニティです。毎日の生活に小さな楽しみや彩りが生まれ、全国各地に文通友達ができるのは一見の価値ありです。

文通村~ふみびとの絆~
https://www.fumibito.com

 

3. 筆圧のコントロール:文字の命

ペン字の魅力は、筆圧による線の太さや強弱にあります。独学でも筆圧のコントロールは可能ですが、意識的な練習が必要です。具体的な練習法としては、一定の筆圧を保ちながら、太い線と細い線を交互に書いてみること。これにより、筆圧の変化を体得できます。

4. 独学で上達した人の経験談

実際に独学でペン字を上達させた方々の経験談を取り上げます。彼らの共通点は、毎日の継続的な練習と、失敗を恐れずに新しいことに挑戦する姿勢です。また、一人一人の学び方が異なるため、自分に合った方法を見つけることが大切です。

5. 専門家からのアドバイス

ペン字の専門家から、独学者向けのアドバイスを紹介します。専門家の中には、「独学の場合、自分の書き癖を知ることが重要」と指摘する声も。自分の弱点を知り、それを克服するための練習方法を探求することで、より上達が早まると言います。

まとめ:

ペン字を独学で上達させるためには、適切な筆記具の選び方や基本の練習方法、筆圧のコントロール技術が必要です。また、実際に独学で上達した人々の経験談や専門家のアドバイスを参考に、自分に合った学び方を見つけることが大切です。毎日の練習と継続が、美しいペン字への鍵となります。

ペン字の花道でお手本としている「白洲ペン楷書体」を上記リンク先で販売しております。あなたのPCでお使いいただけます。